ネットで相場や現地の事情をチェック

転勤で引越しが必要な時、家庭の事情によっては単身赴任をしなければいけません。家族全員で行くのに比べると子供の転校手続きがないなど楽な面もありますが、その分安易に物件探しをしてしまいがちです。安易に決めると住みにくさなどの問題が出てくるので早めに物件探しに取り掛かりましょう。物件探しにおいては現地の不動産屋に相談するのが基本でしょうが、何度も現地に行くと交通費もかかるので、現地で探す回数や時間はできるだけ少なくしなければいけません。まずはネットで現地の家賃相場と住宅事情や交通事情をチェックしておきましょう。赴任先の事務所への通勤がしやすく賃料も手ごろ、さらに近所にコンビニやスーパーなどがあるところを条件にできるだけ絞り込んでおきます。下準備をしておくと物件探しも効率よく進められますし住み心地に後悔したりもしないでしょう。

赴任先の社員に情報をもらう

転勤する赴任先が以前住んだところであればそれなりに住宅事情などが分かります。しかし初めて住むところ、さらには行くのも初めてとなるといきなり現地で物件探しをしても時間がかかりやすい上いい物件を探せないでしょう。そこで赴任先の社員から住宅事情などの情報をもらうようにしましょう。まずは赴任先の社員の情報を調べて面倒見の良さそうな人を探します。そしてその人にお願いするとお勧めの地域であったり家賃相場、その地域特有の注意点などを教えてくれるでしょう。都市部から冬に積雪の多い地域に赴任するとなるとかなり生活環境が変わりますし必要な設備なども変わってきます。大きく環境が変わったとしても事前の心構えがしやすくなり仕事への影響も少なくできます。

札幌西区の賃貸は、ファミリー層に人気があります。駅周辺には公共施設や飲食店が多いですが、中心部から少し離れると自然に触れられます。