単身赴任期間に合わせて賃貸物件を絞り込む

単身赴任期間が未定となる場合には、勤務先の会社と予めどれくらいの期間が想定されるのか話し合っておく必要があります。なぜなら、賃貸物件の基本的な契約期間は2年間となっているので、2年未満で解約する場合には短期解約違約金が発生するからです。そして、単身赴任期間が半年以内といった短期間となる場合には、普通賃貸借契約ではなくマンスリーマンションを選ぶという選択肢が入ります。また、単身赴任期間が最初から確定している場合には、契約期間が決まっている短期賃貸借契約を視野に入れて初期費用を抑えられる賃貸物件を選ぶ方法が有効です。単身赴任は勤務先の指示による転勤または長期出張のどちらかが原因だからこそ、期間に合わせて賃貸物件を絞り込んで短期間で探す必要があります。

家具家電付きだけでなく即入居可も考慮しよう

単身赴任を行う人は自宅に家族がそのまま残るので、新たに家具家電を揃えなければなりません。そして、単身赴任期間が終了して戻る際には家具家電を処分しなければならないという問題点が出ます。そこで、単身赴任期間が予め決まっているならば家具家電付きの賃貸物件を選択する方法が有効です。なぜなら、最小限の荷物だけを持ち込み生活が成り立つので、大規模な引越し作業すら必要なくなるからです。衣類や最低限必要なものを宅配便で送付すれば引越し作業が完了してしまうので、後から必要になったものだけ単身赴任先で探せば間に合います。また、単身赴任が始まる時期は赴任日が決まっているので即入居可となっている賃貸物件から選ばなければなりません。このため、単身赴任を行うから具体的にいつから入居したいという希望を不動産会社へ伝えて探してもらう方法が有効です。